産経ニュース

維新、安保対案国会提出へ 民主も「領域警備」共同提出検討

ニュース 政治

記事詳細

更新


維新、安保対案国会提出へ 民主も「領域警備」共同提出検討

安全保障関連法案の対案を自民党の高村正彦副総裁(左から2人目)に渡す維新の党の柿沢未途幹事長(右から3人目)ら。左端は稲田朋美政調会長=3日午前、国会内(酒巻俊介撮影)

 維新の党は3日、安全保障関連法案の対案を国会に提出する方針を固めた。松野頼久代表がフジテレビのインターネット向け番組で「来週のどこかのタイミングで出したい」と述べた。早ければ8日となる見通し。民主党も3日、武力攻撃に至らない「グレーゾーン事態」に対処する領域警備法案を維新と共同提出する方向で調整を始めた。

 維新の柿沢未途幹事長は3日、自民、公明、民主各党に対案を説明した。維新は7日の執行役員会で国会提出を決める予定。安倍晋三首相は3日の衆院平和安全法制特別委員会で、集団的自衛権の行使を事実上容認する対案について「大きな方向性は一致している部分もある」と述べた。ただ、「私たちの案がベストだと思っている」とも語り、修正協議は困難な情勢だ。

 特別委は3日、採決の前提となる中央公聴会を13日に行うことを与党と維新の賛成多数で決めた。

「ニュース」のランキング