産経ニュース

安倍首相、韓国外相と会談 「互いに胸襟を開いて話し合いを」 日韓国交正常化50年に祝意

ニュース 政治

記事詳細

更新


安倍首相、韓国外相と会談 「互いに胸襟を開いて話し合いを」 日韓国交正常化50年に祝意

官邸を訪れ、安倍晋三首相を表敬した韓国の尹炳世外相(左)=22日午前、首相官邸(斎藤良雄撮影)

 安倍晋三首相は22日午前、首相官邸で来日中の尹炳世(ユン・ビョンセ)外相の表敬訪問を受け会談した。慰安婦問題などをめぐり未来志向のメッセージを伝え、朴槿恵(パク・クネ)大統領との首脳会談の早期実現も探る考えだ。

 会談の冒頭、尹氏が首相の父の安倍晋太郎元外相の写真を贈呈。首相は「日韓は隣国であるがゆえにさまざまな課題や問題があるが、そうだからこそ互いに胸襟を開いて話し合うことが重要だ」と述べた。「今後両国民のため、次の世代のために朴大統領とともに、次なる半世紀に向けて、さらに関係を改善、発展させていきたい」とも語った。

 会談に先立ち、首相は、日本と韓国が国交を正常化し22日で50年を迎えたことについて「日本国民、韓国国民の皆さまとお祝い申し上げたい」と首相官邸で記者団に述べた。

 首相と朴氏は同日夕、東京とソウルでそれぞれ相手国の大使館が開く記念行事に相互に出席し、あいさつで祝意を表明する。ただ、冷却した関係を反映し、日韓両政府が個別に記念レセプションを開くだけで共催行事はない。

 22日に合わせ、超党派の日韓議員連盟会長の額賀福志郎元財務相がソウルを訪問。記念行事に参加するほか、朴氏と会談する。東京での韓国側行事には、韓日議連代表者が出席する。

「ニュース」のランキング