産経ニュース

韓国一転「日本の世界文化遺産登録に協力」 外相会談で提示

ニュース 政治

記事詳細

更新


韓国一転「日本の世界文化遺産登録に協力」 外相会談で提示

日韓外相会談に臨み握手する岸田文雄外相(右)と韓国の尹炳世(ユン・ビョンセ)外相=21日午後5時29分、東京都港区の外務省飯倉公館(代表撮影)

 岸田文雄外相は21日、韓国の尹炳世(ユン・ビョンセ)外相と東京都内の外務省飯倉公館で会談した。韓国側は、日本が進める「明治日本の産業革命遺産」(計23施設)の世界文化遺産登録について協力する方針を初めて示した。安倍晋三首相と朴槿恵(パク・クネ)大統領の間で実現していない日韓首脳会談の早期開催に向け努力することで一致した。

 韓国の外相の来日は約4年ぶりで、朴政権下では初めて。

 ■「百済の歴史地区」登録も協力

 世界文化遺産の登録をめぐっては、韓国側が「戦時中に朝鮮人労働者が強制徴用された施設が含まれている」と反対していた。政府関係者によると、日本側は歴史的な事実関係の範囲内で明示すると説明し、一定の配慮をみせた。韓国も「百済(くだら)の歴史地区」の登録を目指しており、岸田氏は会談後、「ともに協力し、両案件が登録できるよう協力することで一致した」ことを明らかにした。

「ニュース」のランキング