産経ニュース

【安保法制】「フグなら肝外せば…」 法制局長官が異例のやわらか答弁

ニュース 政治

記事詳細

更新

【安保法制】
「フグなら肝外せば…」 法制局長官が異例のやわらか答弁

 「フグなら肝を外せば食べられる」-。横畠裕介内閣法制局長官が19日の衆院平和安全法制特別委員会で、集団的自衛権の限定的な行使容認を「フグ」や「毒キノコ」に例えて説明し、議場を沸かせた。

 政府は国際法で定義される集団的自衛権のうち、「自国防衛」に限って行使が可能だとしている。これに関し、民主党の寺田学衆院議員が特別委で「腐ったみそ汁から一杯だけ取り出しても腐ったものは腐っている」と横畠氏に迫った。

 横畠氏は「仮に毒キノコなら煮ても焼いても食えないし、一部分をかじっても当たる」と答弁。続けて「フグだとしたら全部食べたらあたるが、肝を外せば食べられる。そういうこともある」と切り返した。

 難解な法律論をめぐり堅苦しい答弁が多い内閣法制局長官。例えを用いた異例の「柔らか答弁」で、与党議員の拍手を浴びた。

「ニュース」のランキング