産経ニュース

9月上旬までの会期大幅延長で調整 政府・与党 安保法制のロングラン審議にらみ 衆院再議決も視野

ニュース 政治

記事詳細

更新


9月上旬までの会期大幅延長で調整 政府・与党 安保法制のロングラン審議にらみ 衆院再議決も視野

 政府・自民党は12日、6月24日に会期末を迎える今国会を9月上旬まで延長する方向で調整に入った。安全保障関連法案の審議が難航し、衆院採決が7月上旬までずれ込む見通しを踏まえたものだ。ただ、9月は自民党総裁選や外交日程が集中していることもあり、8月中の国会閉幕を求める声もある。政府・自民党は審議状況を見極め、来週中に具体的な日程を決める。

 衆院平和安全法制特別委員会は12日に一般質疑を行い、安保法案に関する通算の審議時間は42時間(野党欠席分も含む)となった。

 自民党の佐藤勉国対委員長は、採決までの審議時間の目安を「80時間」と述べている。同党は当初、会期末である24日までの衆院通過を目指していたが、日本年金機構から個人情報が流出した問題の余波などで審議が停滞。自民党国対幹部は「今後順調に審議が進んでも、審議時間が80時間に達するのは最速で7月に入ってから」と説明する。

「ニュース」のランキング