産経ニュース

参院選挙区「鳥取&島根」「徳島&高知」を合区 自民が「1票の格差」是正案

ニュース 政治

記事詳細

更新


参院選挙区「鳥取&島根」「徳島&高知」を合区 自民が「1票の格差」是正案

 参院の「一票の格差」是正に向けた選挙制度改革をめぐり、参院自民党は「鳥取と島根」「徳島と高知」の2選挙区ずつを合区し、改選1の新選挙区とする案で最終調整に入った。複数の参院関係者が4日、明らかにした。さらに長野など改選数2の選挙区について改選1ずつに削減。都市部を抱える選挙区で議席を増やし、最大格差を3倍以内に抑える方針だ。参院自民党は来年夏の次期参院選からの適用を目指す。

 総務省によると、鳥取は平成25年の前回参院選で全国47選挙区のうち当日有権者数が最少(48万2192人)だった。鳥取に次いで島根(58万7809人)、高知(62万7921人)が少ない。徳島(65万1117人)は5番目に少なかった。

 自民党の合区案は、有権者数が少ない隣県同士を合わせた形だが、4選挙区の合区だけでは最大格差が3倍をわずかに超える見通しだ。このため改選数2の選挙区の議席減も組み合わせる。対象は「長野が有力」(自民党幹部)という。

 さらに、都市部を抱える東京(改選数5)や北海道(改選数2)などの選挙区の改選数を1議席ずつ増やすことで、格差は2・8倍台に抑えられるという。

 最高裁判所は、著しい格差(衆院選で3倍、参院選で6倍以上など)が生じた場合、違憲あるいは違憲状態とする判断を示している。参院自民党は衆院選でも適用する「格差3倍以内」に抑えることを目指し検討してきた。

「ニュース」のランキング