産経ニュース

【憲法改正】中曽根元首相「長い間改憲できず申し訳ない」 新憲法制定議員同盟 民主・松原氏も改憲訴え

ニュース 政治

記事詳細

更新

【憲法改正】
中曽根元首相「長い間改憲できず申し訳ない」 新憲法制定議員同盟 民主・松原氏も改憲訴え

「新しい憲法を制定する推進大会」で挨拶する新憲法制定議員同盟会長の中曽根康弘元首相=1日午後、東京・永田町の憲政記念館(酒巻俊介撮影)

 超党派の国会議員らでつくる「新憲法制定議員同盟」(会長・中曽根康弘元首相)は1日、東京・永田町の憲政記念館で「新しい憲法を制定する推進大会」を開催した。

 27日に97歳の誕生日を迎える中曽根氏はあいさつで「戦後、国会議員になったときから憲法改正を心がけてきた。長い間改正できずに日本の歴史に対して申し訳ないと思っている」と述べた。その上で「できるだけ早期にわれわれの欲する憲法を改めてつくっていきたい。あと何年生きるか分からないが、皆さんと一緒に大きな仕事に参画させていただき、責任を果たしていきたい」と訴えた。

 大会に招かれた民主党の松原仁元拉致問題担当相は「米国によって短期間につくられた憲法にはドラマがない。日本人を奮い立たせる背景はない。憲法を変えることによって初めて日本人は大きなエネルギーと活力を持つようになる」と強調した。

 同党の岡田克也代表は、現行憲法について「GHQ(連合国軍総司令部)が短期間でつくった代物」とする安倍晋三首相を問題視し、憲法改正議論に消極的だが、松原氏は岡田氏に真っ向から反論する形となった。

 大会には与野党の国会議員ら1千人以上が出席し、冒頭にキヤノングローバル戦略研究所の宮家邦彦研究主幹と駒沢大学の西修名誉教授が講演した。

このニュースの写真

  • 中曽根元首相「長い間改憲できず申し訳ない」 新憲法制定議員同盟 民主・松原氏も改憲訴え

「ニュース」のランキング