産経ニュース

【日米首脳会談】安倍首相、米議会演説で「希望の同盟」を強調

ニュース 政治

記事詳細

更新

【日米首脳会談】
安倍首相、米議会演説で「希望の同盟」を強調

 日本の首相として初めて米議会の上下両院合同会議で演説する安倍首相=29日、ワシントン(共同)

 【ワシントン=峯匡孝】安倍晋三首相は29日午前(日本時間30日未明)、日本の首相として初めて米上下両院合同会議で演説した。題名は「希望の同盟へ」。戦後70年の節目に、敵対国から同盟関係となった日米の「心の紐帯(ちゅうたい)」を訴え、日米同盟の発展が世界の平和と安定に貢献するという「未来志向」の考えを前面に打ち出した。

 演説で首相は、強圧的な海洋進出を図る中国を念頭に「太平洋からインド洋にかけての広い海を、自由で法の支配が貫徹する平和の海にしなければならない」と訴えた。同時に集団的自衛権の行使容認を含む安全保障法制について「夏までに成就させる」と約束。

 環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)交渉については「経済的利益を超えた長期的な安全保障上の大きな意義がある」として、交渉合意に不可欠とされる米国の大統領貿易促進権限(TPA)法案の成立と交渉妥結に協力を呼びかけた。

 先の大戦については「戦後の日本は痛切な反省を胸に歩みを刻んだ。アジア諸国民に苦しみを与えた事実から目を背けてはならない」と言及。ただ、韓国が戦後70年の安倍首相談話に求める「侵略」「植民地支配」「お詫(わ)び」の文言は使用しなかった。

このニュースの写真

  • 安倍首相、米議会演説で「希望の同盟」を強調
  • 安倍首相、米議会演説で「希望の同盟」を強調
  • 安倍首相、米議会演説で「希望の同盟」を強調
  • 安倍首相、米議会演説で「希望の同盟」を強調
  • 安倍首相、米議会演説で「希望の同盟」を強調

「ニュース」のランキング