産経ニュース

韓国側の曖昧発言に日本政府困惑「意図分からない」

ニュース 政治

記事詳細

更新


韓国側の曖昧発言に日本政府困惑「意図分からない」

 菅(すが)義(よし)偉(ひで)官房長官は20日の記者会見で、集団的自衛権をめぐる日米韓防衛局長級協議でのやりとりについて「個別の問題については答えを控えたい」と静観の構えを見せた。ただ、韓国国防省報道官が記者会見で、「韓国の安全保障をめぐる利害に影響が及ぶ事案」に対して日本は事前の協議が必要だと発言したことに、政府内から「韓国側が何を意図しているのか分からない」(防衛省関係者)と困惑の声が漏れた。

 集団的自衛権は国際法上、武力攻撃を受けた国の要請がなければ発動できない。朝鮮半島有事は韓国が北朝鮮の攻撃を受けることが想定されるため、自衛隊が米軍を守る際にも韓国政府の同意が必要となる。このため、日米韓協議後の共同発表では「第三国の主権尊重を含む国際法を順守」することが盛り込まれた。

 一方、韓国への武力攻撃が発生する前に米軍が攻撃を受けた場合などは、韓国政府の同意を必要としない。韓国国防省報道官の記者会見での発言は、韓国が攻撃を受けていない段階でも事前同意を求めるとも受け取れる曖昧な表現だけに、防衛省関係者は「そうしたことに日本側は同意していない」としている。

関連ニュース

【本紙前ソウル支局長出国禁止解除】「当然のことだ」 日韓の関係改善の道筋遠く

「ニュース」のランキング