産経ニュース

民主・岡田代表、統一選を「全然甘く見てない」「『底なし』と言って意味あるのか?」 身内の批判に反論

ニュース 政治

記事詳細

更新


民主・岡田代表、統一選を「全然甘く見てない」「『底なし』と言って意味あるのか?」 身内の批判に反論

 民主党の岡田克也代表は16日夜のBS日テレ番組で、議席を大幅に減らした統一地方選前半戦の結果について「私や枝野幸男幹事長は、すごく厳しく見ている。全然甘く見ていない」と述べ、「危機意識の欠如だ」と枝野氏らを批判した榛葉賀津也参院国対委員長に反論した。

 岡田氏は、「負けは負けだが、(党勢が)どんどんシュリンク(縮小)している状況ではなくなっている」と述べ、「底を打って戻しつつある」とする枝野氏と認識が一致していることを強調した。その上で「枝野氏には、すごく危機感がある。(26日投票の)統一選後半戦もにらんで発言している。そこはプロなら分からなければいけない」と榛葉氏を批判した。

 さらに岡田氏は、与野党相乗り候補も含め10道府県知事選を「全勝」と位置づけた自民党を引き合いに出し、「自民党のしたたかさを少しは民主党も見習ったほうがいい」と指摘。「それを(民主党の)中で『おかしい』とか言いあっていることの未熟さを、われわれは改めていかなければならない。今『底なしだ』と言って何か意味があるのか」と語り、重ねて榛葉氏を批判した。

「ニュース」のランキング