産経ニュース

【統一地方選】5人に1人が無投票で当選 「なり手不足」深刻

ニュース 政治

記事詳細

更新

【統一地方選】
5人に1人が無投票で当選 「なり手不足」深刻

 3日に告示された41道府県議選は、総定数に占める無投票当選の比率が過去最高の21・9%に上り、香川では全41議席の約3分の2(65・9%)に当たる27議席が決定した。地方政治の「なり手不足」は深刻な状況を迎えている。

 無投票率が高かったのは、香川に続いて山形(45・5%)、宮崎(43・6%)-の順。無投票当選がなかったのは大阪、山口の2府県だけだった。

 過去の統一選の都道府県議選で無投票率が最も高かったのは平成3年の第12回で21・8%。前回の23年は17・6%だった。17政令市議選の無投票当選者数は17人。内訳は、熊本が10人で最も多く、さいたまの7人が続いた。

 41道府県議選の候補者のうち、女性は379人。全候補者に占める割合は前回選挙を1・6ポイント上回る11・6%で、統一地方選としては過去最高となった。

 政党別では、共産が前回から36人増の128人で最多。党候補に占める女性の割合は約47%に達した。2位は民主の58人で、前回より18人減少した。自民は48人、公明は15人、維新は9人、社民は6人で、生活と次世代は各1人だった。

「ニュース」のランキング