産経ニュース

「中国の主張を覆す有力な資料」外務省 日清戦争前の尖閣領有未認識文書

ニュース 政治

記事詳細

更新


「中国の主張を覆す有力な資料」外務省 日清戦争前の尖閣領有未認識文書

 尖閣諸島(沖縄県石垣市)をめぐり、日清戦争の直前、清国側が尖閣諸島の領有を認識していなかった公文書が確認されたことについて外務省は23日、「中国側の主張に根拠がないと改めて示す有力な資料だ」との認識を示した。

 文書は、石垣島から尖閣に向かう航海中に遭難し、大陸に漂着した日本人の処遇に関する日清両政府のやり取り。長崎純心大の石井望准教授の研究の結果、明治26(1893)年に清国が日本側に出した文書の中に、尖閣諸島に向かったことを抗議する形跡がなかった。現在の中国政府による「(尖閣は)日清戦争に乗じて、日本が強奪した」との主張を覆すものといえる。

 産経新聞の取材に外務省中国・モンゴル第一課の担当官は「さらに文書を読み込んでいきたい」と述べ、外務省公式サイトへの掲載も示唆した。

「ニュース」のランキング