産経ニュース

【視線】「慰安婦=性奴隷」米教科書問題 歴史修正主義的立場からの反論

ニュース 政治

記事詳細

更新

【視線】
「慰安婦=性奴隷」米教科書問題 歴史修正主義的立場からの反論

旧日本軍による慰安婦の強制連行があったかのように記述している教科書

 終戦から70年の節目が近づくにつれ、米国における中韓の反日プロパガンダが勢いを増してきた。日本側が反論を試みようものなら、中韓側は「歴史修正主義(者)」という言葉で、封じ込めようとする。

 米国の公立高校で使われているマグロウヒル社の世界史の教科書に「日本軍による慰安婦強制連行」や「慰安婦は天皇からの贈り物」といった不適切かつ、誤った記述があり、日本政府が同社や執筆者に表現の是正などを求めたことに対しても、米歴史学者ら19人(後に1人増え計20人)は「慰安婦の歴史を排除しようとしている」との声明を発表し、日本側による歴史改竄(かいざん)と批判した。声明は「いかなる修正にも応じない」ともしている。

 「歴史修正主義」という言葉は悪いイメージばかりが目立つが、歴史学上は必ずしもそうではない。それは、“真実”とされている歴史解釈に対し、別の可能性を客観的根拠に基づき提示していく試みだ。

 歴史修正主義的な立場からの研究成果をまとめた『「日本の朝鮮統治」を検証する 1910-1945』(草思社)の共著者で、ハワイ大学マノア校名誉教授のジョージ・アキタさん(88)を訪ねると、柔和な笑顔で迎えてくれた。

「ニュース」のランキング