産経ニュース

首相「全く木鶏たり得ず」 やじへの反応を反省 

ニュース 政治

記事詳細

更新


首相「全く木鶏たり得ず」 やじへの反応を反省 

衆院予算委員会で安倍晋三首相と民主党の前原誠司元外相が冒頭から「やじ」をめぐり激しく火花、「実りある議論をするためにお互いに注意していこう」と発言する大島理森委員長(手前)=20日午前、国会・衆院第1委員室(酒巻俊介撮影)

 安倍晋三首相は23日の衆院予算委員会で、野党のやじに反応する自身の心持ちについて「『全くまだ木鶏(もっけい)たり得ず』だ。至らなさは反省する」と述べた。

 首相は、元横綱の双葉山が69連勝で記録が途絶えた際に知人にあてた電報「イマダ モッケイ タリエズ」を引用。「木鶏」は意気盛んで心が乱れていた闘鶏が、時を経て無の境地に至った状況をあらわしている。

 維新の党の松木謙公衆院議員が「やじに反応すれば墓穴を掘る。我慢した方がいい」と指摘したのに答えた。

「ニュース」のランキング