産経ニュース

「原発は時限爆弾抱えた産業」小泉元首相またエネルギー政策批判

ニュース 政治

記事詳細

更新


「原発は時限爆弾抱えた産業」小泉元首相またエネルギー政策批判

 小泉純一郎元首相は17日、都内で講演し、原発を「重要なベースロード電源」と位置づける政府のエネルギー政策をめぐり「原発はいつ爆発するかわからず、時限爆弾を抱えたような産業だ」と述べ、原発の再稼働を目指す政府の姿勢を批判した。

 東京電力福島第1原発などの事故を引き合いに「原発は安全で最もコストが安く、クリーンだというのは全部ウソだ」と強調。「政治が原発の導入を決めたのだから、止めるのも政治が決めればできる」と、原発ゼロの社会を目指すよう重ねて求めた。

「ニュース」のランキング