産経ニュース

【衆院選2014】民主、海江田氏が代表辞任を正式表明 本格的な代表選の実施を求める声が多数

衆院選2014特集 政治

記事詳細

更新

【衆院選2014】
民主、海江田氏が代表辞任を正式表明 本格的な代表選の実施を求める声が多数

代表辞任を決意し、記者会見する海江田万里(民主党代表)=15日午後、民主党本部(宮川浩和撮影)

 民主党の海江田万里代表は15日、党本部で記者会見し、衆院選での落選を受けて代表を辞任することを正式に表明した。党執行部は夜に臨時役員会を開き、代表選の方法や日程について協議したが、結論は出なかった。17日に両院議員総会を開き、決める方針だ。党内には細野豪志元幹事長や前原誠司元外相、岡田克也代表代行らを擁立する動きがある。

 海江田氏は記者会見で、「私が議席を失うことが確定し、辞めることを決意した」と説明。野党再編に関し「どこかの政党と一緒になることで民主党が割れるのは悲しい。そういうことがないようにお願いしたい」と民主党が軸になるべきだとの考えを示した。

 役員会では(1)党員・サポーターも投票する正式な代表選を1月末から2月にかけて行う(2)年内から年明けにかけて臨時党大会を開催し、地方議員と国会議員による投票で選出する-の2案が示された。正式な代表選の実施を求める声が多かったが、「来年の通常国会が始まっても代表不在になりかねない」との懸念も出ている。16日の常任幹事会で引き続き調整する。

 また、海江田氏の後任代表が決まるまで、岡田克也代表代行が代表実務を代行することも確認した。

 一方、細野派(自誓会)は15日夜の会合で代表選の対応を協議した。維新の党との合流も模索する細野、前原両氏と、党再建を目指す岡田氏との間には溝があり、党内は分裂含みの様相も呈している。

衆院選2014特集

このニュースの写真

  • 民主、海江田氏が代表辞任を正式表明 本格的な代表選の実施を求める声が多数

「ニュース」のランキング