産経ニュース

【衆院選2014】韓国紙“安倍機関車”に警戒感 「平和憲法の改正など極右政策を推し進める」

衆院選2014特集 政治

記事詳細

更新

【衆院選2014】
韓国紙“安倍機関車”に警戒感 「平和憲法の改正など極右政策を推し進める」

 【ソウル=藤本欣也】日本の衆院選で自民党が圧勝したことについて、韓国の保守系紙、朝鮮日報は15日、1面トップで「さらに燃料を満タンにした“安倍機関車”」との見出しを掲げて報道、安倍政権が今後、「平和憲法の改正など極右政策を推し進めるもよう」との見方を伝えた。

 同紙は、安倍首相に関して「野党はもちろん、自民党内にも牽制(けんせい)勢力がなく、日本の首相としては例のない“大統領的な権限”を行使する見通し」と報じた。

 さらに「この選挙を契機に、侵略戦争など過去を否定する安倍首相が右傾化政策を深化させることが憂慮される」と指摘。「(安倍政権の)次の標的は“村山談話”」と強調し、安倍首相が来年の終戦70年に合わせて発表する予定の談話への警戒感を示した。

衆院選2014特集

「ニュース」のランキング