産経ニュース

首相、次期総裁選無投票再選か 党役員続投を伝達 全閣僚も継続へ

衆院選2014特集 政治

記事詳細

更新


首相、次期総裁選無投票再選か 党役員続投を伝達 全閣僚も継続へ

自民党役員会に臨む安倍首相(中央)ら=15日正午ごろ、東京・永田町の党本部

 衆院選での自民、公明両党圧勝を受け、安倍晋三首相(自民党総裁)は15日昼の役員会で、谷垣禎一幹事長ら党役員を続投させる意向を伝えた。首相は閣僚も全員続投させる考え。与党が定数の3分の2を超える議席を獲得した実績で、自民党内では早くも来年9月の党総裁選における、首相の「無風再選」を確実視する声が出始めている。

 自公両党の幹事長と国対委員長は15日午前、国会内で会談し、24日に首相指名のための特別国会を召集する方針を確認した。会期は26日までの3日間。首相は15日午後、公明党の山口那津男代表と党首会談を行い、24日に組閣する第3次安倍内閣で閣僚を全員続投させる考えを伝えるとみられる。

 自民党内では、選挙戦で民主党の海江田万里代表を落選に追い込むなど一定の成果をあげたことから、首相の求心力が高まっている。茂木敏充選対委員長は15日朝のNHK番組で「前回以上の大変大きな成果を得ることができた」と強調。党幹事長経験者は「この時期に衆院解散を打った首相の判断は間違っていなかった。来年9月の党総裁選では、首相の無投票再選になる可能性が高い」と話している。

衆院選2014特集

「ニュース」のランキング