産経ニュース

【衆院選2014】海江田代表に「ノー」 菅元首相も賛同得られず

衆院選2014特集 政治

記事詳細

更新

【衆院選2014】
海江田代表に「ノー」 菅元首相も賛同得られず

 民主党は、現職代表である海江田万里氏が落選し、長年党の「顔」を務めた菅直人元首相が2年前の前回衆院選に続き選挙区で敗退した。選挙戦を通じて最も露出度の高かった党代表や、知名度の高い元首相が有権者に「ノー」を突きつけられたのだ。これまでの党のあり方や方向性について、国民の多くが根本的な疑念を抱いていることが明らかだ。

 野党の枠組みは今後、流動化することが予想されるが、このままでは民主党がその主導権を握ることも難しいのは間違いない。

 「民主党もしっかり議席を伸ばしている。これによって野党の中心として自民党政権に対(たい)峙(じ)していかなければならない」

 海江田氏は14日夜のNHK番組でこう述べていたが、自身が落選したのではその任を果たせない。前日の街頭演説でも強気で次のように強調していたが、それも空しい。

 「民主党は選挙をへてフェニックス、不死鳥になって、もう一回国民の期待をしっかり受け止めて、政権を奪取する政党にならないといけない」

衆院選2014特集

「ニュース」のランキング