産経ニュース

【主張】自公圧勝 安倍路線継続への支持だ 規制緩和と再稼働で成長促せ

衆院選2014特集 政治

記事詳細

更新

【主張】
自公圧勝 安倍路線継続への支持だ 規制緩和と再稼働で成長促せ

 経済再生には、低廉で安定した電力の供給が不可欠だ。首相はその責任を果たすと選挙中に語った。安全性が確認された原発の再稼働を円滑に進めるべきだ。

 成長戦略の柱の一つと位置付けている環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)交渉についても、膠着(こうちゃく)状態の打開へ首相の強い指導力が求められる。

 前回衆院選では、自民党と日本維新の会、みんなの党など第三極を合わせた憲法改正勢力が4分の3以上を占めた。今回はみんなの解党など第三極の低迷で数は減った。今後は、自公両党が憲法改正にどう臨むかが問われよう。

 首相は「リーダーシップを発揮しながら憲法改正の議論を進めていきたい」との主張を実行に移し、国民的議論を盛り上げてほしい。改正案発議には参院でも3分の2が必要だ。憲法改正をめぐる与党協議にも着手すべきだ。

 ≪与党で憲法協議進めよ≫

 尖閣諸島をねらい、国際ルールを無視した海洋進出を図る中国の台頭など、厳しさを増す安全保障環境に備えることが急務だ。

衆院選2014特集

「ニュース」のランキング