産経ニュース

【衆院選2014】首相、閣僚全員続投の方針 党主要幹部も 補正・本予算編成急ぐ

衆院選2014特集 政治

記事詳細

更新

【衆院選2014】
首相、閣僚全員続投の方針 党主要幹部も 補正・本予算編成急ぐ

 安倍晋三首相は14日、衆院選で自民、公明両党が目標の過半数を大きく上回ったことを受け、全閣僚と谷垣禎一幹事長ら自民党主要幹部を続投する方針を決めた。安倍氏は24日召集予定の特別国会で首相指名を受け、第3次安倍内閣を発足させるが、円安や地方創生の対策を盛り込んだ平成26年度補正予算と27年度予算の早期編成、成立に向けて人事に時間をかけるべきでないと判断した。

 首相は、15日にも公明党の山口那津男代表と会談し、今後の政権運営をめぐり意見交換する。

 人事を動かせば「1週間は予算編成などの作業が遅れる」(首相周辺)という。年末の衆院選により27年度予算の編成作業が越年となる中、人事に時間をかけると編成作業と成立はさらに遅れてしまい、来年4月の統一地方選への影響も出かねない。

 また来年は、最終盤を迎える環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)交渉、集団的自衛権行使容認の閣議決定を受けた安全保障関連法案の国会審議など、重要課題はめじろ押しだ。

衆院選2014特集

「ニュース」のランキング