産経ニュース

【衆院選2014】期日前投票1315万人 前回から9%増

衆院選2014特集 政治

記事詳細

更新

【衆院選2014】
期日前投票1315万人 前回から9%増

投票箱を開け、衆院選の開票作業を始める選管担当者=14日午後8時46分、東京・芝浦の港区スポーツセンター

 総務省は14日、衆院選の期日前投票(選挙区)の最終投票者数が1315万1966人だったと発表した。前回平成24年衆院選と比べて9・23%増加した。有権者の12・62%が13日までに投票したことになる。

 全国規模の衆参両院選を通じ過去最多だった21年衆院選の1398万4085人(有権者の13・45%)に次いで多かった。総務省は比例代表の結果はまとめていない。

 都道府県別で、前回衆院選からの増加率が最も大きかったのは宮崎の32・71%で、次いで岐阜22・49%、新潟22・08%。減少したのは徳島、鹿児島、愛媛、和歌山、大阪の5府県だけだった。

 有権者に占める割合は秋田が24・59%でトップ。大分16・53%、石川16・05%と続いた。最低は大阪の10・47%。

 期日前投票は15年12月からスタート。全国規模の衆参両院選で実施されたのは今回で8回目。

 また総務省は、公示に合わせて発表した1日現在の有権者数を1億424万9188人と訂正した。集計ミスにより山梨県韮崎市で1人増えた。

衆院選2014特集

「ニュース」のランキング