産経ニュース

【衆院選2014】自民、比例で上積み 民主は微増、共産が躍進

衆院選2014特集 政治

記事詳細

更新

【衆院選2014】
自民、比例で上積み 民主は微増、共産が躍進

テレビ中継のインタビューに答える安倍晋三首相=14日夜、東京・永田町の自民党本部(酒巻俊介撮影)

 第47回衆院選の比例代表選挙(定数180)は14日に即日開票され、自民党が前回平成24年の57議席からの上積みを確実にした。70議席前後をうかがう。民主党は過去最少だった前回の30議席は上回り、微増となる見通しだが、21年には87議席を確保しており復調には遠い。共産党は躍進し、前回の8議席から倍増させた。さらに増やす勢いだ。

 自民党は60議席を確保した。17年の郵政選挙の77議席には届かない公算だ。民主党は30議席、維新の党は23議席を固めた。前回22議席の公明党は21議席を確実とし、党として比例で過去最多だった15年の25議席近くに伸ばす可能性がある。

 共産党は17議席に達した。社民党は1議席を維持。次世代の党も1議席を得る可能性がある。生活の党と新党改革は議席獲得のめどが立っていない。

衆院選2014特集

このニュースの写真

  • 自民、比例で上積み 民主は微増、共産が躍進

「ニュース」のランキング