産経ニュース

投票しなければ文句は言えない… 高齢化社会だからこそ、若い世代は選挙で自分の意見を伝えよう!

衆院選2014特集 政治

記事詳細

更新


投票しなければ文句は言えない… 高齢化社会だからこそ、若い世代は選挙で自分の意見を伝えよう!

「サイレント・マジョリティ」の意見が反映されるのが選挙、身近な問題考えて

 インターネット上ではさまざまな発信者による政治論・主張を日常的に見かけます。掲示板やTwitterの一部を見ていれば、日本人の多くはかなり明確な政治的主張を持っているの?とも思ってしまいそうなほどに。

 かつては、この種のものを「ネット世論」と呼ぶことも多かったですが、大半の人が何らかの形で日々、インターネットに代表されるオンラインでの情報に接しているのに、リアルな社会とネットで世論が違うわけはないですよね?

結局、実社会と同じく、「サイレント・マジョリティー」(静かな多数派)と「ノイジー・マイノリティー」(声が大きい少数派)がいるだけではないでしょうか。ちなみに、ネット上の政治的・思想的な話での「ノイジー・マイノリティ」には、40代以上の中高年層が多いのでは、という指摘もここに来て目立っています。

 さて、選挙ではこういった表面上の声の大きさとは関係なく、有権者は平等に1票を持っています。現実の世界で法律や条例という形でさまざまな方針を決めていくのは、この1票の積み重ねによって選ばれた議員です。勢力争いや「右・左」といったゲーム感覚ともいえる見方でなく、投票によって自分や家族、友人の5年後、10年後、20年後…を取り巻く状況が決まっていくとすれば、選挙についての考え方も変わってきませんか。

衆院選2014特集

このニュースの写真

  • 投票しなければ文句は言えない… 高齢化社会だからこそ、若い世代は選挙で自分の意見を伝えよう!
  • 投票しなければ文句は言えない… 高齢化社会だからこそ、若い世代は選挙で自分の意見を伝えよう!

「ニュース」のランキング