産経ニュース

【編集日誌】「信」問うに値する課題

衆院選2014特集 政治

記事詳細

更新

【編集日誌】
「信」問うに値する課題

 衆院選を控え、大型連載「政権の是非を問う」を掲載しています。「地球儀外交」「消費税10%先送り」などに続き、明日は「集団的自衛権」の予定です。

 どのテーマを切り込んでも、安倍晋三首相が何を考えて政策を推し進め、どんな壁にぶち当たったかがよく分かります。そして衆院選後に首相がどう動こうとしているのかも垣間見ることができます。

 連載を読めば、一部メディアによる「大義なき解散」という批判がいかに的外れかを痛感していただけるでしょう。これらの政治課題は、ここ何代も続いた短命政権には手がつけられなかったものばかり。いずれも国民の信を問うに値する課題なのです。せっかくの衆院選ですから衆院議員はそれぞれの選挙区で有権者とひざ詰めで議論を交わしていただきたい。それでこそ「選良」と言えるでしょう。(副編集長 石橋文登)

衆院選2014特集

「ニュース」のランキング