産経ニュース

【編集日誌】第三極の期待、あっけなく

衆院選2014特集 政治

記事詳細

更新

【編集日誌】
第三極の期待、あっけなく

 きょう、衆院は解散されます。離合集散は日常茶飯事の永田町ですが、10人以上の議員が在籍する政党が、「分党」ではなく、「解党」を所属する全議員の多数決で決めた例はちょっと記憶にありません。

 5年前、渡辺喜美、江田憲司の両氏ら5人が創設メンバーとなった「みんなの党」は、あっけなく消えてしまいました。

 創設当初から「みんなの党」は、オーナー的存在だった渡辺氏の「ひとりの党」、あるいは渡辺氏と幹事長だった江田氏の確執から「ひとり、ひとりの党」と揶揄(やゆ)され、この結果も想定内なのかもしれません。

 しかし、自民、民主の二大政党から距離を置いた「第三極」を支持し、同党が掲げた「脱官僚」「地域主権」を信じて投票した有権者はいい面の皮です。

 こうした動きを含めて小紙では、衆院選を詳しく報じていきます。(編集長 乾正人)

衆院選2014特集

「ニュース」のランキング