産経ニュース

舛添都知事、東京五輪3会場の建設中止表明 「削減効果」は2000億円

ニュース 政治

記事詳細

更新


舛添都知事、東京五輪3会場の建設中止表明 「削減効果」は2000億円

東京都議会の特別委員会で2020年東京五輪・パラリンピックの都内3会場の建設中止を表明した舛添要一知事=19日午後

 2020年東京五輪・パラリンピックの会場整備計画の見直しを進めている東京都の舛添要一知事は19日、都議会の特別委員会で、新設予定だった都内3会場の建設を中止すると正式に表明した。見直しに伴う整備費の削減効果は2千億円規模に及ぶ見通し。

 18、19日に都内で開かれた国際オリンピック委員会(IOC)との事務レベル協議でおおむねの合意を得た。また、IOCのコーツ調整委員長はコスト削減のため、サッカーやバスケットボールの予選を地方都市の既存施設で開くことを推奨し、候補として大阪を提案したことを会見で明らかにした。

 都によると、建設を中止するのはバドミントン会場「夢の島ユースプラザ・アリーナA」(江東区)とバスケ会場の「同アリーナB」(同)、セーリング用の「若洲オリンピックマリーナ」(同)の3会場。

関連ニュース

「新国立は粗大ゴミに」建築家・磯崎新さん意見発表 開会式会場変更も提案

「ニュース」のランキング