産経ニュース

安保は「満額回答」も…「日米同盟強化」に横たわる課題と温度差

ニュース 政治

記事詳細

更新


安保は「満額回答」も…「日米同盟強化」に横たわる課題と温度差

 また、首脳会談で首相は、普天間飛行場(沖縄県宜野湾(ぎのわん)市)の代替施設建設に関し「強い意志を持って早期かつ着実に進める」とオバマ氏に伝えた。

 しかし、県内で移設反対の声は根強い。仲井真弘多(ひろかず)県知事は移設先の名護市辺野古沿岸部の埋め立てを昨年末に承認したものの、1月の名護市長選で反対派市長が再選され、着工のめどは立たない。

 11月に予定されている知事選で移設反対派の候補が勝利すれば、埋め立てが白紙に戻される可能性がある。普天間飛行場の返還合意から約18年。これ以上計画が遅れると日米安保体制をきしませかねない。(高木桂一)

「ニュース」のランキング