産経ニュース

【島が危ない 第2部 佐渡に迫る影(4)】高齢化「農業も外国頼み、トキと同じ」

ニュース 政治

記事詳細

更新

【島が危ない 第2部 佐渡に迫る影(4)】
高齢化「農業も外国頼み、トキと同じ」

 新潟県・佐渡島の地形は3つに大別される。北に大佐渡山地、南に小佐渡山地が連なり、その間に国中平野が広がる。この平野は古くから水田開発が進み、大穀倉地帯を形成してきた。年間2万トン程度の「佐渡米」を島外に出荷している。

 この佐渡米の生産量が先細りとなっている。平成18年は2万6300トンだったが、24年には2万1200トンにまで減った。

 原因は農業従事者の減少と高齢化だ。18年に5979戸だった生産農家は、24年に4767戸に減少。自営農業を主な仕事にしている「基幹的農業従事者」の平均年齢は21年で70・4歳となっている。

 「最盛期の田んぼの面積を100とした場合、今は60ぐらいしか残っていない」。元農協職員で農業を営む臼杵多喜雄さん(72)は嘆く。高齢化で耕作できなくなった農家が放置した田が増えているという。

   ×   × 

「ニュース」のランキング