産経ニュース

【数字は語る】《6・7%》20~30代の非正規雇用男性の既婚率、正規社員の4分の1

ニュース 政治

記事詳細

更新

【数字は語る】
《6・7%》20~30代の非正規雇用男性の既婚率、正規社員の4分の1

 未婚者の9割近くが「いずれ結婚したい」と答える一方、男性の5人に1人、女性の10人に1人が生涯結婚しない現代日本。経済問題は大きな障壁となっている。内閣府の結婚・家族形成調査(未婚および結婚3年以内が対象)などによると、20~30代の非正規雇用の男性の既婚率は6.7%。正規雇用の男性では既婚率は27.2%で、非正規雇用か正規雇用かで既婚率には4倍以上の開きがある。

 ニッセイ基礎研究所の調査によると、30~34歳男性の年収は正規雇用者の404.6万円に対し、非正規雇用は251.4万円。結婚資金を確保し、暮らしを支える力の差は明白だ。経済力の格差と結婚の現実はとりわけ男性に厳しい。女性では20~30代の非正規雇用者の既婚率は25.8%で、正規雇用者の28.2%と大きな差はない。

 子供が生まれた後に「一家の大黒柱」が期待される日本男性。雇用の安定は女性の心を大きく左右するようだ。欧州ではオランダやデンマークのように「同一労働同一賃金」の原則により、正規雇用と非正規雇用の格差が小さな国もある。

「ニュース」のランキング