産経フォト

築地「最後の初競り」【360°VR動画】

ニュース

築地「最後の初競り」【360°VR動画】

更新 tta1801100001

 ★スマートフォンはこちらからYoutubeアプリでご覧ください★
 ★パソコンからはGoogle Chromeでご覧下さい★

 10月に豊洲市場(東京都江東区)へ移転する築地市場(中央区)で5日早朝、今年最初の取引となる「初競り」が行われた。1935年の開場以来、80年以上の歴史を刻んできた築地での初競りは今回が最後。405キロの青森県大間産クロマグロが3645万円(1キロ当たり9万円)の最高値で競り落とされた。

 豊洲の開場日は当初、2016年11月7日の予定だったが、同年8月に就任した小池百合子都知事が移転延期を表明し、安全性への検討を続けてきた。都と市場業界の協議を経て、昨年12月20日にようやく開場日が10月11日と決定した。

 築地は10月6日が最終営業日となり、跡地は20年東京五輪・パラリンピックで使用する車両基地として整備される。その後に再開発される予定で、現在、都の有識者会議が検討を進めている。(2018年1月5日撮影)
(撮影機材:リコー THETA V )

360°全方位動画の閲覧はGoogle Chromeのみのサポートとなります。