産経フォト

「勝利」報道に歓喜と安堵の声 自民党本部【360°パノラマ】

ニュース

「勝利」報道に歓喜と安堵の声 自民党本部【360°パノラマ】

更新 tta1710220001
「勝利」報道に歓喜と安堵の声 自民党本部【360°パノラマ】

 「当選確実」を示す赤いバラを手にした安倍晋三首相に笑顔はなかった。単独過半数が確実な情勢に、党幹部は「一定の信任をいただいた」。ただ、最終盤に入って立憲民主の勢いが加速したこともあり、安倍首相は「まだまだ厳しい視線があると認識し、謙虚に向き合いたい」と語った。

 東京・永田町の自民党本部に設けられた開票センター。投票締め切りと同時に報道各社が「自民党勝利」を伝えた瞬間、会場は歓喜と安堵の声が交錯した。

 センターに到着後、自ら候補者名の書かれたボードにバラを付けた安倍首相。すぐに白のボードが赤色で埋まったが、報道各社のインタビューでは「皆さんの能力を発揮できる社会、安心できる日本を作っていく」と控えめに勝利宣言。党関係者は「大勝は野党の“敵失”に助けられた面もある。笑顔を見せることで『慢心』と受け取られないよう注意を払ったのだろう」と話した。(2017年10月22日夜、松本健吾撮影)
(撮影機材:リコー THETA V )