産経フォト

残されたメッセージ 福島・双葉中【東日本大震災パノラマ】Vol.475

ニュース

残されたメッセージ 福島・双葉中【東日本大震災パノラマ】Vol.475

更新 tta1709150001
残されたメッセージ 福島・双葉中【東日本大震災パノラマ】Vol.475

 東日本大震災の発生から6年半。東京電力福島第1原発事故で全町避難が続く福島県双葉町の帰還困難区域に町の許可を得て入った。

 町立双葉中学校に足を踏み入れる。地震が発生した3月11日は、卒業式だった。「今までありがとう。5年後に元気にみんな会おう」。3年生の教室の黒板には、先生や同級生への感謝のメッセージが残っていた。

 音楽室は、部活の途中で避難したかのように、楽器が倒れ、床に置かれたままだった。校舎はその日、避難所に。約800人が身を寄せたという。毛布や食品の残骸も放置されていた。(2017年9月6日、松本健吾撮影)
(撮影機材:リコー THETA S )

■関連【読んで見フォト】6年半…あの日のまま 福島県双葉町