産経フォト

巨人・杉内俊哉が引退会見 「松坂世代」代表する左腕

スポーツ

巨人・杉内俊哉が引退会見 「松坂世代」代表する左腕

更新 sty1809120013
引退会見を終えた杉内俊哉に、内海哲也が抱きつく一幕も=東京都内(撮影・矢島康弘) 引退会見を終えた杉内俊哉に、内海哲也が抱きつく一幕も=東京都内(撮影・矢島康弘)

 プロ野球・巨人の杉内俊哉投手(37)が、今季限りで現役を引退することを表明、12日に都内で会見を行った。

引退会見で間に涙を浮かべる杉内俊哉=東京都内(撮影・矢島康弘)
画像を拡大する
引退会見で間に涙を浮かべる杉内俊哉=東京都内(撮影・矢島康弘)フルスクリーンで見る 閉じる

 ダイエー(現ソフトバンク)時代から17年間で通算142勝を挙げ、「松坂世代」を代表する左腕がプロ野球のマウンドに別れを告げた。
 2005年、ダイエーで18勝を挙げ最多勝・最優秀防御率・沢村賞と、投手のタイトルを総なめにしてMVPにも輝いた。
 WBC(ワールド・ベースボール・クラシック)では06、09年の大会2連覇に貢献した。
 FA権を行使して12年に巨人へ移籍、同年5月には楽天戦でノーヒットノーランを達成した。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング