産経フォト

【感彩写論】映画のワンシーン 大阪・中津 PM7:19

自然・風景

【感彩写論】映画のワンシーン 大阪・中津 PM7:19

更新 sty1809100001
自転車をかついで土手の階段を降りる男性 =午後7時19分、大阪・中津(浜坂達朗撮影) 自転車をかついで土手の階段を降りる男性 =午後7時19分、大阪・中津(浜坂達朗撮影)
土手を走る自転車 =大阪・中津(浜坂達朗撮影)
画像を拡大する
土手を走る自転車 =大阪・中津(浜坂達朗撮影)フルスクリーンで見る 閉じる

 自転車のシルエットが好きだ。下から見上げて空をバックに撮ったら格好いいだろうなと考え、思いついたのが土手沿いの遊歩道。御堂筋線の中津駅から歩いていける淀川を撮影地に選んだ。

 宿直明けの遅い午後、中津に到着。遊歩道につながる歩道橋を撮影ポイントに選び、被写体を待つ。

土手を歩く人々 =大阪・中津(浜坂達朗撮影)
画像を拡大する
土手を歩く人々 =大阪・中津(浜坂達朗撮影)フルスクリーンで見る 閉じる

 ところが、この暑さでは自転車どころか人もほとんど通らない。夕暮れがせまり少し涼しくなると、ようやく散歩やランニングをする人が…。

 夕焼けで空の色が変る頃、待ちに待った自転車がやってきた。カメラを構えると、なぜか目の前でストップ。ひらりと降りた男性は自転車をかついで、土手にある階段を降り始めた。

土手を走る人 =大阪・中津(浜坂達朗撮影)
画像を拡大する
土手を走る人 =大阪・中津(浜坂達朗撮影)フルスクリーンで見る 閉じる

 最初のイメージと少し違うが、あかね色の空をバックに、自転車のシルエットが、映画のワンシーンのように決まった。

 次はもう少し涼しい季節に撮影に来よう。(写真報道局 浜坂達朗)

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング