産経フォト

ロベカルが6年ぶり現役復帰 Fリーグで2ゴール 

スポーツ

ロベカルが6年ぶり現役復帰 Fリーグで2ゴール 

更新 sty1809090011
 左足でフリーキックを蹴るFリーグ選抜のロベルト・カルロス。ファンにはたまらない瞬間だ=丸善インテックアリーナ大阪(撮影・山下香)  左足でフリーキックを蹴るFリーグ選抜のロベルト・カルロス。ファンにはたまらない瞬間だ=丸善インテックアリーナ大阪(撮影・山下香)

 サッカーの元ブラジル代表のロベルトカルロス(45)が9日、大阪市内で行われたフットサルのデュアリグFリーグのFリーグ選抜の一員として仙台戦に出場し、チーム全得点を挙げる活躍で2-1の勝利に導いた。

 現役時代は強烈なシュートで「悪魔の左足」の異名を持った名DFは前半15分29秒に左足で先制ゴール。1-1の後半は出場直後の10分4秒に右足ボレーで勝ち越しゴール。「26年のキャリアで右足で決めたのは2度目。きょう見に来てくれた人は運がいい。最初の右足はレアル・マドリード時代のバスコ・ダ・ガマ戦だった思う」と笑顔で話した。

 合計7分ほどの出場で見せつけた圧倒的な存在感。同リーグの最年長ゴール記録も更新したレジェンドは「45歳の自分がやっているのだからもっとフットサルを楽しんで」と競技の普及もPRしていた。

 2点目を挙げガッツポーズするロベルト・カルロス(撮影・山下香)
画像を拡大する
 2点目を挙げガッツポーズするロベルト・カルロス(撮影・山下香)フルスクリーンで見る 閉じる
 この左足がロベルト・カルロスの魅力(撮影・山下香)
画像を拡大する
 この左足がロベルト・カルロスの魅力(撮影・山下香)フルスクリーンで見る 閉じる

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング