産経フォト

被害の爪痕、はっきりと 国土地理院が航空写真公開

ニュース

被害の爪痕、はっきりと 国土地理院が航空写真公開

更新 sty1809080021
 北海道厚真町吉野地区を6日に撮影した航空写真(左)と地震前の写真=国土地理院ウェブサイトより、地理院地図を加工して作成  北海道厚真町吉野地区を6日に撮影した航空写真(左)と地震前の写真=国土地理院ウェブサイトより、地理院地図を加工して作成

 国土地理院は8日、北海道地震で大きな被害が出た厚真町、安平町、むかわ町の一部の地域について、地震後に撮影した航空写真をホームページに公開した。被災前の同じ場所の写真と比較でき、地上に残された被害の爪痕が分かる。

 北海道厚真町富里地区を6日に撮影した航空写真(左)と地震前の写真=国土地理院ウェブサイトより、地理院地図を加工して作成
画像を拡大する
 北海道厚真町富里地区を6日に撮影した航空写真(左)と地震前の写真=国土地理院ウェブサイトより、地理院地図を加工して作成フルスクリーンで見る 閉じる

 震度7を記録した厚真町。吉野地区では地震前にあった住宅の多くが大規模な土砂崩れにのみ込まれていた。木々が生い茂っている山には、数え切れないほどの大きな亀裂が走り、山肌がむき出しになっている。

 今回撮影したのは6日で、地震前の写真は主に2011年ごろに撮影した。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング