産経フォト

独大手、EV参入本格化 ディーゼル車に風当たり

自動車

独大手、EV参入本格化 ディーゼル車に風当たり

更新 sty1809080019
 ダイムラーがスウェーデンで発表した電気自動車「メルセデス・ベンツEQC」=4日(ダイムラー提供・共同)  ダイムラーがスウェーデンで発表した電気自動車「メルセデス・ベンツEQC」=4日(ダイムラー提供・共同)

 ドイツ自動車大手による電気自動車(EV)市場参入の動きが本格化している。ドイツ勢が重要市場と位置付ける中国の環境規制強化への対応や、排ガス規制逃れ問題の影響でディーゼルエンジン車に対する風当たりが地元ドイツで強まっていることが背景にある。

 ダイムラーがスウェーデンで発表した電気自動車「メルセデス・ベンツEQC」とツェッチェ社長=4日(ダイムラー提供・共同)
画像を拡大する
 ダイムラーがスウェーデンで発表した電気自動車「メルセデス・ベンツEQC」とツェッチェ社長=4日(ダイムラー提供・共同)フルスクリーンで見る 閉じる

 ダイムラーは今月4日、高級車ブランド「メルセデス・ベンツ」のスポーツタイプ多目的車(SUV)のEV「EQC」をスウェーデンで発表した。2019年に生産を始める。さらに、22年までにメルセデス・ベンツの全ての車種に電動化モデルを用意する計画だ。

 15年にディーゼル車の排ガス規制逃れが発覚したフォルクスワーゲン(VW)は、EVやプラグインハイブリッド車(PHV)に軸足を移す戦略を鮮明にしている。(ベルリン共同)

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング