産経フォト

岸壁埋める紅色のカニ 日本一の境港で初水揚げ

ニュース

岸壁埋める紅色のカニ 日本一の境港で初水揚げ

更新 sty1809070007
 鳥取県境港市の境港に今シーズン初めて水揚げされたベニズワイガニ=7日午前  鳥取県境港市の境港に今シーズン初めて水揚げされたベニズワイガニ=7日午前
 鳥取県境港市の境港に今シーズン初めて水揚げされたベニズワイガニの初競り=7日午前
画像を拡大する
 鳥取県境港市の境港に今シーズン初めて水揚げされたベニズワイガニの初競り=7日午前フルスクリーンで見る 閉じる

 日本海の秋の味覚ベニズワイガニが7日朝、水揚げ量日本一の鳥取県境港市の境港に今シーズン初めて水揚げされた。来年6月まで。
 日本海沖の大和堆で操業したカニかご漁船が漁獲した約14トン。初競りでは加工用が30キロ当たり1万200~1万600円、生食用は例年より高めの最高4万8千円の値が付いた。

 漁は1日に解禁。関係者は「5日に台風の吹き返しにあったが、おいしいカニを安く提供するためたくさん取ろうと頑張った」と安堵。

 

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング