産経フォト

関空、国内線7日中に再開 首相表明「国際線は準備整い次第」

ニュース

関空、国内線7日中に再開 首相表明「国際線は準備整い次第」

更新 sty1809060020
報道陣に公開された関西国際空港のA滑走路。打ち上げられたとみられる魚の死骸があった=6日午後、関西国際空港(恵守乾撮影)  報道陣に公開された関西国際空港のA滑走路。打ち上げられたとみられる魚の死骸があった=6日午後、関西国際空港(恵守乾撮影) 

 安倍晋三首相は6日、首相官邸で開いた西日本豪雨の非常災害対策本部会議で、台風21号で浸水し大きな被害を受けた関西国際空港について、国内線の運航を7日に再開すると表明した。関空を運営する関西エアポートの山谷佳之社長とエマヌエル・ムノント副社長は6日、空港内の同社で被災後初めて記者会見し、「お客さまに多大な迷惑をおかけした」と謝罪した。

 首相は、関空では「夜を徹して排水作業などを行っている」と説明。官邸の対策チームで復旧への検討も進めており、「国内線を明日中に再開し、国際線についても準備が整い次第再開する」と述べた。緊急で対応する事業など、段階ごとに実施する内容をまとめ、7日に公表する。

 国内線を再開するのは、浸水を免れた2期島のB滑走路と第2ターミナル。山谷氏は会見で、「2期島は大きな損傷を受けておらず、滑走路の安全性は確保できている。空港機能の提供は可能だ」と説明した。

流れた草などが巻き付いた関西国際空港A滑走路の誘導灯。奥は第1ターミナルビル=6日午後、関西国際空港(恵守乾撮影)
画像を拡大する
流れた草などが巻き付いた関西国際空港A滑走路の誘導灯。奥は第1ターミナルビル=6日午後、関西国際空港(恵守乾撮影)フルスクリーンで見る 閉じる

 ただ、旅客収容能力は浸水した1期島のA滑走路と第1ターミナルが年間2500万人に対し、第2ターミナルはピーチ・アビエーションなどの格安航空会社(LCC)専用で、835万人。運航する航空会社は決まっておらず、運航は一部にとどまる見通し
 関空がある人工島と対岸を道路や鉄道でつなぐ連絡橋は復旧のめどが立っておらず、全面的な運航再開にはなお時間がかかるとみられる。山谷氏は「最大の課題は空港へのアクセスをどう確保するか」と述べた。

 一方、台風により関空島全体で従業員を含め推定最大約7800人が取り残されたが、5日深夜までに移動を希望する全員がバスや高速船で島外に輸送を完了した。ムノント副社長は「顧客と従業員の避難を最優先した」と語った。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング