産経フォト

北海道で震度6強 土砂崩れ、20人不明

ニュース

北海道で震度6強 土砂崩れ、20人不明

更新 sty1809060002
 震度6の揺れで倉庫の壁が崩れてしまった新沼商店の倉庫=6日朝、北海道安平町(杉浦美香撮影)  震度6の揺れで倉庫の壁が崩れてしまった新沼商店の倉庫=6日朝、北海道安平町(杉浦美香撮影)
 未明に発生した地震は札幌市北区でも震度5強を記録した。その区内では建物の外壁などが崩れる被害も出ている=札幌市北区内(撮影・野口隆史)
画像を拡大する
 未明に発生した地震は札幌市北区でも震度5強を記録した。その区内では建物の外壁などが崩れる被害も出ている=札幌市北区内(撮影・野口隆史)フルスクリーンで見る 閉じる

 6日午前3時8分ごろ北海道で、震度6強の地震があった。道警などによると、厚真町や安平町では土砂崩れや家屋倒壊などの大規模な被害が出ている。厚真町では約20人が安否不明となっている。道内すべての火力発電所が停止し、全域で295万戸が停電した。

 気象庁によると、震源地は胆振地方中東部で、震源の深さは37キロ。地震の規模はマグニチュード(M)6・7と推定される。その後も震度3や4の地震が続いた。津波はなかった。気象庁は「1週間ほどは震度6強程度の地震に気を付ける必要がある」としている。

 札幌駅に設置された運転見合わせを知らせるボード=札幌市(撮影・蔵賢斗)
画像を拡大する
 札幌駅に設置された運転見合わせを知らせるボード=札幌市(撮影・蔵賢斗)フルスクリーンで見る 閉じる

 厚真町では大規模な土砂崩れが発生し、複数の住宅がのみ込まれた。約20人の安否が分かっていないほか、水道管が破裂する被害が多数発生している。札幌市内での負傷者は87人に上った。

 コンビニエンスストアの営業再開を並んで待つ人ら=札幌市(撮影・蔵賢斗)
画像を拡大する
 コンビニエンスストアの営業再開を並んで待つ人ら=札幌市(撮影・蔵賢斗)フルスクリーンで見る 閉じる

 北海道知事は自衛隊に災害派遣を要請。政府は首相官邸の危機管理センターに対策室を設置した。安倍晋三首相は「人命第一で災害応急対応に当たっていく」と記者団に語った。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング