産経フォト

海外から食肉、だめだワン 羽田に新たな検疫探知犬

生き物

海外から食肉、だめだワン 羽田に新たな検疫探知犬

更新 sty1809050014
 羽田空港でお披露目された動植物検疫探知犬「ルイ」=5日  羽田空港でお披露目された動植物検疫探知犬「ルイ」=5日
 デモンストレーションで、食肉が入った荷物を知らせる動植物検疫探知犬「ルイ」=5日、羽田空港
画像を拡大する
 デモンストレーションで、食肉が入った荷物を知らせる動植物検疫探知犬「ルイ」=5日、羽田空港フルスクリーンで見る 閉じる

 農林水産省の動物検疫所羽田空港支所は5日、羽田空港で5頭目となる動植物検疫探知犬として、雌で2歳のビーグル犬「ルイ」を配置し、お披露目した。ルイの配置で、探知犬は、羽田や成田空港など計8カ所で29頭となった。

 検疫所は、2020年東京五輪・パラリンピックで海外との移動が活発化する情勢を踏まえ、伝染病や病害虫の侵入阻止を強化する方針。ルイも、海外からの持ち込みが禁じられている食肉や植物などをにおいでかぎ分ける役割を果たす。

 ルイは5日、羽田空港で、五つの荷物をかぎ分ける場面を実演した。コンビを組む担当者の掛け声で、荷物に鼻先を近づけ、封がされたサラミソーセージが入ったキャリーケースの前に来ると「お座り」のポーズで知らせた。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング