産経フォト

イケメンゴリラの新居公開 名古屋・東山動植物園

生き物

イケメンゴリラの新居公開 名古屋・東山動植物園

更新 sty1809050013
 「アフリカの森エリア」に引っ越したニシローランドゴリラの「シャバーニ」(右)ら=5日午後、名古屋市の東山動植物園  「アフリカの森エリア」に引っ越したニシローランドゴリラの「シャバーニ」(右)ら=5日午後、名古屋市の東山動植物園
 新居に引っ越した、イケメンゴリラとして人気のニシローランドゴリラ「シャバーニ」=5日午後、名古屋市の東山動植物園
画像を拡大する
 新居に引っ越した、イケメンゴリラとして人気のニシローランドゴリラ「シャバーニ」=5日午後、名古屋市の東山動植物園フルスクリーンで見る 閉じる

 名古屋市の東山動植物園は5日、イケメンゴリラとして人気のニシローランドゴリラ「シャバーニ」一家が引っ越した新居「アフリカの森エリア」を報道機関向けに公開した。一般公開は6日から。

 シャバーニ一家5頭は6月に引っ越した。隣にはチンパンジーの家族9頭も転居。それぞれ以前の獣舎よりも広い屋外運動場と屋内展示室を備える。

 「アフリカの森エリア」に引っ越したニシローランドゴリラの「シャバーニ」(左)ら=5日午後、名古屋市の東山動植物園
画像を拡大する
 「アフリカの森エリア」に引っ越したニシローランドゴリラの「シャバーニ」(左)ら=5日午後、名古屋市の東山動植物園フルスクリーンで見る 閉じる

 樹上で過ごすことが多いゴリラやチンパンジーのために、どちらの施設にも、屋外には高さ8~15メートルのタワーを設置。屋内には天井にロープを張り巡らせた。チンパンジーの方には、中にジュースが入ったアリ塚も新たに作った。

 ゴリラもチンパンジーもタワーに登ったり、ロープを伝って移動したり、活発に動いていた。シャバーニの子ども2頭は頻繁にじゃれ合い、元気に広い展示室を走り回っていた。 

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング