産経フォト

猛烈な雨や風の恐れ 台風21号が上陸へ

ニュース

猛烈な雨や風の恐れ 台風21号が上陸へ

更新 sty1809040004
台風21号の影響で大波が打ち寄せる漁港=4日午前9時54分、高知県安芸市(恵守乾撮影) 台風21号の影響で大波が打ち寄せる漁港=4日午前9時54分、高知県安芸市(恵守乾撮影)
台風21号の影響で大波が打ち寄せる漁港=4日午前9時54分、高知県安芸市(恵守乾撮影)
画像を拡大する
台風21号の影響で大波が打ち寄せる漁港=4日午前9時54分、高知県安芸市(恵守乾撮影)フルスクリーンで見る 閉じる

 非常に強い台風21号は4日、勢力を保ったまま北上し、昼ごろには四国や紀伊半島に接近し、上陸するとみられる。西日本から東日本の広い範囲で5日にかけて猛烈な雨や風となる見込みで、気象庁は土砂災害や河川の氾濫、暴風、高波などに警戒を呼び掛けた。

 気象庁によると、台風は上陸後、4日夕に北陸から日本海へ抜けて北に進み、5日朝には北海道の海上へ達して温帯低気圧に変わる。速度を速めながら移動し、台風が近づくと急速に雨や風が強くなる恐れがある。

 5日午前6時までの24時間予想雨量は東海が500ミリ、近畿と関東甲信が400ミリ、四国が300ミリ、北陸が250ミリ、北海道が180ミリ、東北が150ミリ、中国が100ミリ。台風の中心が通るとみられる四国や近畿のほか、東海では局地的に、1時間に80ミリ以上の猛烈な雨が降る可能性がある。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング