産経フォト

伝統の調べ、パリに響く 42年ぶりに雅楽公演

伝統・文化

伝統の調べ、パリに響く 42年ぶりに雅楽公演

更新 sty1809040003
 3日、パリで行われた宮内庁の雅楽公演で披露された舞楽(共同)  3日、パリで行われた宮内庁の雅楽公演で披露された舞楽(共同)
 3日、パリで行われた宮内庁の雅楽公演で披露された舞楽(共同)
画像を拡大する
 3日、パリで行われた宮内庁の雅楽公演で披露された舞楽(共同)フルスクリーンで見る 閉じる

 【パリ共同】日本の宮内庁楽部は3日、伝統芸能、雅楽の公演をパリで行った。西洋音楽と異なる調べや響き、ゆったりとしながらも躍動感のある舞が満席の観客約2400人を引きつけた。パリでの公演は1976年以来42年ぶり。

 公演は日仏友好160周年を記念してパリを中心に開かれている日本博「ジャポニスム2018」の一環。代表的な音楽ホール「フィルハーモニー・ド・パリ」のステージに緑色が鮮やかな雅楽の舞台が設置された。

 器楽合奏の管弦では、笙や篳篥の響きが印象的な短い曲で聴衆を引き込み、歌謡や有名曲「越天楽」などを披露した。舞楽では力強い太鼓の音に合わせて仮面を着けた王が舞う作品などが演じられた。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング