産経フォト

首相、自衛隊に改憲意欲 「誇り持てる環境整備」

ニュース

首相、自衛隊に改憲意欲 「誇り持てる環境整備」

更新 sty1809030011
 自衛隊高級幹部会同を前に、栄誉礼を受ける安倍首相。左は小野寺防衛相=3日午前、防衛省(代表撮影)  自衛隊高級幹部会同を前に、栄誉礼を受ける安倍首相。左は小野寺防衛相=3日午前、防衛省(代表撮影)
 自衛隊高級幹部会同で訓示した安倍首相=3日午前、防衛省
画像を拡大する
 自衛隊高級幹部会同で訓示した安倍首相=3日午前、防衛省フルスクリーンで見る 閉じる

 安倍晋三首相は3日午前、防衛省での自衛隊高級幹部会同で訓示し「全ての自衛隊員が強い誇りを持って任務を全うできる環境を整える。これは今を生きる政治家の責任だ。私は責任をしっかり果たしていく決意だ」と述べた。持論である憲法9条への自衛隊明記に意欲を示した形だ。年末に予定する防衛力整備の指針「防衛計画の大綱」改定の意義も重ねて強調した。

 首相は幹部らに対し「(自衛隊に対する)心ない批判にさらされたこともあったと思う。自衛隊の最高指揮官、そして同じ時代を生きた政治家としてじくじたる思いだ」とも語った。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング