産経フォト

女子カヤックの小野祐佳が銅メダル 【アジア大会・カヌー】

スポーツ

女子カヤックの小野祐佳が銅メダル 【アジア大会・カヌー】

更新 sty1809010012
女子スプリント・カヤックシングル200メートルで銅メダルを獲得した小野祐佳=パレンバン(共同) 女子スプリント・カヤックシングル200メートルで銅メダルを獲得した小野祐佳=パレンバン(共同)

 ジャカルタ・アジア大会のカヌーではスプリント6種目の決勝が行われ、女子カヤックシングル200メートルで小野祐佳(秋田県体協)が43秒092で銅メダルを獲得した。同カヤックペア500メートルでは小野、多田羅英花(愛媛県競技力向上対策本部)組が3位に入った。

スプリント界に待望のメダル

女子スプリント・カヤックシングル200メートル決勝 銅メダルを獲得した小野祐佳=パレンバン(共同)
画像を拡大する
女子スプリント・カヤックシングル200メートル決勝 銅メダルを獲得した小野祐佳=パレンバン(共同)フルスクリーンで見る 閉じる

 女子の小野が苦戦続きのスプリント陣に待望のメダルをもたらした。カヤックシングル200メートルは「スタートからゴールまで集中して、思い切りいきたい」との言葉通りに序盤から飛ばし、最後までもつれた3位争いを小差で制す。多田羅と組んだカヤックペア500メートルも3位に入った。
 今年、ライバル選手の飲み物に禁止薬物を混入させる騒動が発覚したスプリント界。各選手が好成績で悪いイメージの払拭を期す中、スプリント陣女子最年長の28歳が「何としてもメダルを持って帰りたい」との思いを結実させた。(共同)

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング