産経フォト

「ソウルの女王」にお別れ 米デトロイトでアレサ・フランクリンさん葬儀

ワールド

「ソウルの女王」にお別れ 米デトロイトでアレサ・フランクリンさん葬儀

更新 sty1809010005
 31日、米デトロイトの教会に到着したアレサ・フランクリンさんのひつぎを運ぶ人たち(AP=共同)  31日、米デトロイトの教会に到着したアレサ・フランクリンさんのひつぎを運ぶ人たち(AP=共同)

 【デトロイト共同】米音楽界を代表する「ソウルの女王」黒人歌手アレサ・フランクリンさんの葬儀が8月31日、地元の中西部ミシガン州デトロイトの教会で開かれた。クリントン元大統領ら著名人が弔辞を述べ、スティービー・ワンダーさんやアリアナ・グランデさんら人気ミュージシャンが演奏をささげた。

 教会周囲では大勢のファンが会場を映す大型スクリーンに見入った。著名な黒人運動指導者アル・シャープトン師は、フランクリンさんは黒人差別撤廃を訴えた公民権運動や女性の権利向上を訴える運動に「生涯を費やした」と指摘。トランプ大統領が「私のために働いてくれた」と述べたお悔やみについて「彼女はわれわれのために働いた」と一蹴し、教会周辺のファンから大歓声が上がった。

 31日、米デトロイトで営まれたアレサ・フランクリンさんの葬儀で記念撮影するクリントン元大統領(左)と歌手アリアナ・グランデさん(中央)ら(AP=共同)
画像を拡大する
 31日、米デトロイトで営まれたアレサ・フランクリンさんの葬儀で記念撮影するクリントン元大統領(左)と歌手アリアナ・グランデさん(中央)ら(AP=共同)フルスクリーンで見る 閉じる
 アレサ・フランクリンさんの葬儀に参列するため教会近くに並ぶ大勢のファンら=31日、米デトロイト(共同)
画像を拡大する
 アレサ・フランクリンさんの葬儀に参列するため教会近くに並ぶ大勢のファンら=31日、米デトロイト(共同)フルスクリーンで見る 閉じる

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング