産経フォト

ビシエド、月間47安打 セ記録更新、48は逃す

スポーツ

ビシエド、月間47安打 セ記録更新、48は逃す

更新 sty1808310025
1回、中日・ビシエドが左前に先制適時打を放つ=ナゴヤドーム(撮影・林俊志) 1回、中日・ビシエドが左前に先制適時打を放つ=ナゴヤドーム(撮影・林俊志)

 中日のダヤン・ビシエド内野手(29)が31日、ナゴヤドームで行われた巨人戦の一回、左前に適時打を放って8月の月間安打数を47とし、2013年8月に当時巨人の村田修一がマークしたセ・リーグ記録の46を塗り替えた。

 ビシエドはその後の3打席は凡退した。1996年8月、当時オリックスのイチローが樹立したセ、パ2リーグ分立後の最多記録である月間48本を逃した。

1回、中日・ビシエドが先制の左適時打を放つ=ナゴヤドーム(撮影・荒木孝雄)
画像を拡大する
1回、中日・ビシエドが先制の左適時打を放つ=ナゴヤドーム(撮影・荒木孝雄)フルスクリーンで見る 閉じる
1回、中日・ビシエドが先制の左適時打を放つ=ナゴヤドーム(撮影・荒木孝雄)
画像を拡大する
1回、中日・ビシエドが先制の左適時打を放つ=ナゴヤドーム(撮影・荒木孝雄)フルスクリーンで見る 閉じる

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング