産経フォト

柔道で素根ら「金」三つ 女子は今大会7階級中6階級制覇

スポーツ

柔道で素根ら「金」三つ 女子は今大会7階級中6階級制覇

更新 sty1808310023
柔道女子78kg超級決勝 韓国の選手に勝利した素根輝(上)=31日午後、ジャカルタ(納冨康撮影) 柔道女子78kg超級決勝 韓国の選手に勝利した素根輝(上)=31日午後、ジャカルタ(納冨康撮影)

 ジャカルタ・アジア大会第14日の31日、柔道の全日本女子選手権覇者で78キロ超級の素根輝(福岡・南筑高)と78キロ級の佐藤瑠香(コマツ)が勝ち、男子100キロ級の飯田健太郎(国士舘大)も金メダルを獲得した。女子は今大会7階級中6階級を制した。

 男子90キロ級の2016年リオデジャネイロ五輪王者、ベイカー茉秋(日本中央競馬会)は銅メダルだった。(共同)

柔道女子78kg級 韓国の選手に勝利し金メダルの佐藤瑠香 =31日午後、ジャカルタ(納冨康撮影)
画像を拡大する
柔道女子78kg級 韓国の選手に勝利し金メダルの佐藤瑠香 =31日午後、ジャカルタ(納冨康撮影)フルスクリーンで見る 閉じる
柔道男子100kg級決勝 韓国の選手を攻める飯田健太郎=31日午後、ジャカルタ(納冨康撮影)
画像を拡大する
柔道男子100kg級決勝 韓国の選手を攻める飯田健太郎=31日午後、ジャカルタ(納冨康撮影)フルスクリーンで見る 閉じる

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング